給与でトラブルを起こさないために

転職後にこうじゃなかったというのはよくある話しです。 特に給与面というのは誰しもそうじゃなかったになりたくない部分であると思います。 そうならない為に面接時や条件が提示されてからの確認をしっかりと行う必要があります。

よく面接時に給与を聞くのは印象が悪いのではと思われる方が多いようですが、実際に交渉できる場というのは求職者側からしたらその場しかありませんので、そこでしっかりと給与について確認をする必要があります。

逆にそういった話をしてくるのだから、うちに入る気があるなと思われ逆に好印象という場合もありますが無理を言い過ぎると金ばかりの人だと思われ印象が悪くなってしまうこともあります。

最近では紹介会社を経由して転職活動を行う人も少なくありません。

面接の場で給与の交渉をする余裕が無かった時や言いにくかったといった場合には、この紹介会社のエージェントにリクエストを出しましょう。 基本的には求職者の年俸の数十%が紹介会社のマージンになるので求職者の給与が上がることには大歓迎なのです。 大いに活用してみましょう。

ここでも過度なやりとりは禁物です。