あまり長居しないことも大事

お見舞いの心遣いで私が気を配っているのは花や果物などの贈り物を持っていくなどのことは当然ですが、まずは顔を見せてあげることが大事だと思っています。

私も入院していたことがあるので分かるのですが、入院中は非常に心細くまた人恋しくなるものです。 ですので知り合いが自分をどの程度大切に思ってくれているか等も気になってしまうものなんですね。 ですから、まずは顔を見せて会いに行くというのが一番の相手にとって嬉しいことだと思います。

ただし、病状などによっては長く会話することなどがあまりよくないこともあるでしょうし、検査やなんだのやその他の知り合いとの面会やご家族の都合もあるでしょうから、その辺りも考慮してあまり長居しすぎないことも大事かと思います。

よほど親しい間柄であれば例外と言うこともあるかもしれませんが、やはり通常はサッと顔を見せて相手の負担にならないように、早々に失礼するというのが心遣いとしてまずは必要なのではないかと思います。