冷凍したお肉をおいしく食べるためには

まず美味しく冷凍保存するときに基本的に注意しなければいけないことは
冷蔵庫の能力を最大限に発揮させるということです。

庫内を整理して食品の詰め込みすぎに注意することが大切です。よく整理された庫内は、冷気の対流が良くなり、庫内全般が低温に維持できます。

食肉の保存方法は解凍した肉は再凍結しないことです。再凍結すると鮮度を損ない、かつ品質が著しく劣化しますので、避けてください。

圧縮すると美味しさをもっと維持できるジップロックなどで空気を抜き保存すると良いでしょう。

美味しく食べるための工夫は1回使用分の単位で小分けすること。
空気を遮断し保存すること。(空気を遮断することにより冷凍焼けを防ぐことも期待できる)
急速冷凍を心がけることです。

食品トレーのまま冷凍してしまうと凍るのに時間がかかり、解凍時にドリップ(うま味や栄養分の含まれた液汁)が出やすくなります。

冷凍室に急速冷凍機能がない場合は、熱伝導のよいアルミトレーが便利です
トレーの上に食品を置き、冷凍室に入れれば、冷凍スピードがアップするのでおススメです。