意外な手作りのプレゼント

旦那さんと付き合っていた頃、当時はお金が無くてクリスマスプレゼントも今年はお互いに無しにしようかと話していた年がありました。 まあ、本当にお金ないし少し寂しいけれど仕方ないかと思い、私は本当に何もプレゼントを用意しませんでした。

そしてクリスマスの日になって彼から郵便が届きました。 え?と思ったけれど、開けて見ると手作りのクリスマスカードが入っていました。 紺色の色画用紙に折り紙で雪と雪だるまとサンタクロースを作り、貼ってありました。 とても不器用で、へんてこな形をしていて笑ってしまったけれど、これを彼が一生懸命作っているところを想像したら嬉しくて心が温かくなりました。

中には、彼の不器用な言葉で春は一緒に公園へ行こう。 夏は一緒にスイカを食べよう。 秋は一緒に読書をしよう。 冬は一緒に雪を見に行こう。 と書いてありました。

意味が解らない文だな、変なのとその時はそれしか思わずただクリスマスカードを手作りしてくれた事に感激しましたが、後々よく考えると、プロポーズだったのかもしれません。

彼からあの文章の説明はありませんが、これからずっと春夏秋冬一緒に過ごそうという意味なのかなと思いました。