色は絶対ブラウンで決まり

私のコンプレックスは顔が濃いことです。 目が大きく、ここまでは良いのですが、鼻も口も大きいのです。 なので、メイクをしようとすると、どうしても濃くなりがちで、可愛らしくメイクができません。 それが本当に嫌で、周りの女の子達がメイクをする中、私だけすっぴんでダテ眼鏡をかけるといったことがよくありました。

しかし、プリクラや写真をとるとき、当たり前かもしれませんが、やはりメイクをしていたほうが可愛く映るのです。 写真などは一生残るものなので、やはりメイクが欠かせないと思った私は、ブラウン系のメイク道具を揃えました。

その時までは、アイライナーもマスカラも一般的な黒をしようしていたのですが、ブラウンの方が優しい印象に見えるとのことでブラウンをチョイスしてみたのです。 使ってみると、黒を使っていた時には感じられなかったナチュラルさを出すことができて、濃い印象をなくすことができたのです。

更に、アイシャドーもブラウンを使うことで、大人っぽさを出しつつ、目じりや目元にラメを乗せることで、若々しさも残すことに成功しました。 チークやグロスは薄ピンクを使うことで、女の子らしさの中に、大人っぽさをかもしだすことができる、私が求めていたメイクのスタイルになりました。

実は、このメイク法はいつも通っている美容室のお姉さんに教えてもらったものでした。 本当に、感謝しています。 今では、メイクは毎日欠かせないものです。