資格が自分のスキルにつながる

私は、現在大学生なのですが高校のころに取得した資格である「ワープロ検定2級」という資格を取ったことが現在までで非常に大きなプラスとなっていると感じることができます。

ワープロ検定とは MicroSoft の word を使用して文書の作成の熟練度の高さを確認することができる検定なのですが、この word は高校、大学と非常に使う機会が多いソフトでこのソフトを使いこなせることによって勉強の効率が非常に良いものになっています。

word は文書だけでなく応用すると地図やチラシの作成など多岐にわたる使用法が存在しており、これからも word は役に立ってくれるでしょう。

この資格を取得したメリットはもうひとつあります。 この資格は就職などにはまったくつかわない資格なのですが、この資格を取るにあたってキーボードでの文字入力のスピードの速さがもとめられます。

タイピングの速さは PC で仕事をする作業の速さに直結します。 この点でもこの資格をとったことによって自分は、周りの人よりも1歩進んだペースで物事を進めることができています。

このように就職には関係のない資格でも自らのスキルにつなげることができれば、周りと差をつけることができるのではないでしょうか…