祖母へお守りのお見舞い

数年前、祖母が膝の手術を受けるので入院しました。 これまで大きな病気をしたことがなく、入院も初めてだということで若干不安そうでした。 少しでも不安が和らぐように、何かお見舞いに贈りたいと頭を悩ませていました。

妹と相談して、お守りが良いのではないかという案が浮かびました。 インターネットで色々検索していくうちに、足腰の守護神である神社を見つけました。 その神社のホームページに問い合わせると、現地に行かなくてもお守りを送っていただけるとの事だったので、早速お願いしました。

後日そのお守りを持って、手術前に祖母のお見舞いに行きました。 小さなお見舞いの品でしたが、祖母は大変喜んでくれました。

その後手術は無事終了し、祖母は今まで辛そうだった膝の痛みからも解放されたようでした。 今でも問題なく歩行しているのですが、時々使っている杖に、お見舞いで贈ったお守りをつけていてくれています。

このお守りのおかげで膝が良くなったと、会う度に言ってくれるので、贈って良かったと嬉しい気持ちです。