転職時期は選びましょう!

特に現職中の方が転職活動において、陥りやすい事、困ってしまう事は、面接のための有給休暇が取れなくて選考期間が延びてしまう事です。 最悪の場合、面接日程が組めなくて選考がとまったり、不採用になる場合もあります。

生活費のためにも、ブランクを長くしないためにも、現職中として転職活動をするのが望ましいのですが、一番のネックは平日の選考です。 そのため、有給休暇が取りにくい繁忙期は避ける様にしましょう。 また、管理部門や営業など、職種によっても忙しい時期が異なりますので、あらかじめリサーチしておくことが大事です。

近くに経験者がいたら聞いてみましょう。 営業の方は外回り中に選考に行く事も出来ますが、管理部門は難しいでしょう。 休みの時期を見極めないと、転職活動をしていることがバレてしまい、業務に支障が出る場合もあります。

早期に転職先が決定すると良いのですが、活動期間が長引くと、仕事もしにくくなってしまいます。 ですので、転職活動は時期選びも肝心なのです。